Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新しい家族

今、実家には父・母・弟夫婦(?)4人が住んでいます。


そして7月には弟はお父さんになります



まだ彼女が19歳・・・誕生日が来るのを待ち入籍するそうです。



そして彼女は出産を!



母と同じ病院で・・・時期が少し重なったりして!?



母は今年下旬に尿路変更術予定です。



実は彼女の両親が反対しており・・・前途多難・・・




一度彼女も流産し、そのあと、すぐに妊娠!!




そして現在に至っています。



母の病気があるので父が退職し、弟の彼女も身重なりに夕飯の支度をしてくれたり手伝ってくれているそうです。




私が実家に戻らなかったのが結果的には幸いしたのかなぁ・・・




ただ父が退職することになったのは非常に申し訳ないですが・・・



ダメな娘です




実家は創○学会なんですが・・・




私も小さい頃させられていましたが、今は聖○新聞をとる程度で学会活動に参加は全くしていません。


選挙近くになると”公○党に入れなさい”との母からの指示が入ります。
(強制的で絶対です)




信仰をしてるせいなのか?




母は死に対して恐怖はないと口では言います。




それより自分が死んだ後の方が気がかりみたいです。





母を中心にうちの家族は持ってるようなもんなのでいなくなるとバラバラになりそうな・・・




妹も家庭があり、関西で暮らしていますし、弟夫婦はいずれ出て行くでしょうし、父のことが心配かもしれません。




母曰く、私が1番心配というのですが。。。
(不本意ながら


弟の彼女も学会にこの度に入信し、朝晩の勤行と会合など出てるようで母は嬉しそうに話していました。



人によっては癌の転移で手の施しようがない人でも信心により、奇跡の生還を遂げたというごく稀なケースもあるみたいで体験談の載った記事を見せられたこともあります。




だから




母もそこまでは回復できなくても、信心をしていれば悪いようにはならない、あと少しの命でも自分の思う形で終わることが出来ると思っているようです。



母は尿が詰まったとか、症状や現状の報告はありますが、死に対しての恐怖や泣き言は一切私には言いません。




1度怖くないの?と聞いたことが以前、ありましたが・・・



「何で怖いの?怖がったって仕方ないでしょ?」と母は言いました。




死ぬことより、自分が病気で周りに迷惑かけたり、今後のことが心配だから、今自分に何が出来るか考え、精一杯日々を頑張って生きてるような人です。




そんな母だから敵うわけありません(笑)




何か私が泣き言を言うと、信心をしてないからだと必ず言われますが、



私も母の娘!?



信じられないものは出来ない!と言ってしまいます




あの場にいると何か場違いな気がして・・・異様な空気が




お正月に父と母と私と彼も(渋々)学会の会館に行きましたが・・・




やはりなじめません~(>_<)



話は戻り・・・




母の口癖!?


「子供なんか産むんじゃなかった」と言います。



幼心によく傷つきましたが・・・




まぁ、今となってはその通り!?



<解説>
母の思い描く人生に子供が誰一人なっていないし、肝心な時にあてに出来るわけでないと悟ったのでしょう・・・。
私に一番期待してたのかなぁ・・・



”なるようになる” ”なるようにしかならない”じゃないですが



自然といい方向に物事は(良くも悪くも)進んでいる気がします。




そう信じて、自分に出来ることを精一杯やるしかないと思っています。




昨日、母から仕事中に電話がありました。




「あんたの仕事場の電話番号教えて!」と



保証人になっているためです。




住んでいる住所と電話番号を教えました。



元気そうな声で安心!仕事中なので用件もそこそこに切りました。





病人をあんまり心配しすぎて電話をかけすぎた時期もありましたが



何かあればメールや電話をしてくれるので、母の負担にならないように連絡を待ち、休みで行ける日は彼と犬を連れて母に会いに行きます。



以前は電話しても怒って途中で切られたりされましたが・・・




体調のいい時や都合のいい時に連絡を相手からしてもらうのがいいみたいです。



待つことが大事みたいです。



新しい家族の誕生が待たれます~



母も張り切っていて、病気なんかしてられない発言をしていました。




さすが!




あっぱれな母でありました~



看護☆人気blogランキングへ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんは!

あたしのリクエストにお応え頂き(?)ありがとうございます!

>死ぬことより、自分が病気で周りに迷惑かけたり、今後のことが心配だから

お母様にとって「不安」はこういうことなんですね?
きっとお母様の信念があるのね?

>ただ父が退職することになったのは非常に申し訳ないですが・・・
>ダメな娘です

ん?退職するのは、ななこさんのせいなの?
お父様が「お前が仕事を辞めないせいでお父さんは仕事を辞めたんだ!」と言ったのかしら。

あたしがお父様の立場なら…「誰かがやらないから仕方ない」ではなく、「自分が看たいからそうする」という信念で行動します。

お父様にとっての「不安」って、「妻に迷惑を掛けられること」なのかなぁ…
…どうかな?違う気がするけれど…v-388

ななこさんは娘としての思いがあるのよね?
お母様にとって、ななこさんは最高の娘ですよ、何度も言いますが…(笑)

またそのうち報告して下さいv-411

【2006/06/24 22:15】URL | ぶるる #-[ 編集]

コメントありがとうございます♪

>ぶるるさん

こんにちは(^-^)/
ちょっと書いてみました。
そうですね・・・信念がある人です。私の話なんて聞きませんからi-201
私が辞めて実家に戻らないと父が仕事辞めないといけないと言っていたことがあるので結果的には私のせいかと・・・戻ってほしいと言われてたし・・。
そこまで(義)父とは話してませんが・・・ごく一般の家庭とはうちも違うというか・・・色々とお互いに心の距離もありまして・・・だから私からすれば父は迷惑と考えてるかまではわかりませんが、全く私のことを責めない気持ちはゼロではないということはあの父のことなのでわかります。
この状況では今は何も言ってはきませんが、私が実家に帰っても全く顔を合わせないし、メールも一方的にしか来ないし、こちらでメール出しても、返事が来ないので・・・私が実家に戻らないと決めてからこの状態です。
男の人にとって30年以上もやってきた仕事を辞めるというのは・・・あと数年で退職・・・父の立場に立つと仕方ないとはいえ・・・割り切れないものがあるかもしれません。
父も信心してる(母から勧められ)ので自分なりに心に折り合いをつけてちゃんとやってくれるとは思います。
私が辞めて行ければ、すんなりスムーズにいったのは確かです。
お互い不器用な母娘なのでけなすことはあってもいい娘とは思ってはいないのは確かです。
よく言われますので・・・。

【2006/06/25 14:05】URL | ななこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawari112.blog32.fc2.com/tb.php/156-183701a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。