Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その後

結局、けいれんの続いていた患者さんは27日の朝方、お亡くなりになりました・・・


私が夜勤明けで帰ったあと、しっかりとCVをダブルルーメンに入れ替えて、FOYも行ったみたいです(-_-;)


その2日後くらいで亡くなっています。



あまりドクターの治療方針に口は立場上はさめないかもしれませんが、果たして自分の家族がそういうことされたらどうでしょう?
(ケースバイケースであまりおかしなことを言われたり、納得出来ない指示をされたら言うこともありますが)



ドクターとしてはベスト(!?)を尽くしたかったのかもしれませんが
尽くされたところとて・・・


患者さんの苦痛の面ではどうでしょうか?


家族もドクターがしてくれると言えば、専門的なことがわからないので同意してしまうのでしょうけど・・・


ドクターの説明の仕方一つで違ってきます。


家族にわかりやすいようにこういう方法もありますが、ただ今の状況でそこまでやることで患者さんに苦痛を与えることもあり、数日の延命にしかつながらないかもしれませんが希望されますか?


という内容(抽象的ですが)のように現状をていねいに説明して、その治療をすることで患者さんに苦痛・リスクを与えるデメリットがあること、そしてその治療方法をすることでのメリットを伝えた上できちんと決定権を家族に委ねているかというとがポイントになりますが・・・


実際はドクターの一方的な考えを押し付けているだけの場合もあります。


これしかないですと言われれば、ドクターの言うことだからと同意してしまう方の方が多いではないでしょうか?


これが医療に不信感を持つ人、他にも方法があるんじゃないかとそこまで考えが及んで答えられる人、専門的知識があればまた状況は違ってくるとは思いますが・・・



今回も後者のパターンで家族に説明がされて、同意して、処置が行われたと思われます。


家族もなるべく苦痛がないようにと願いながらも、藁にもすがる思いじゃないですが、精神的にも不安な状態です。


冷静な判断が状況的にも難しいのです。



そういう色々な面で考えると、疑問が残ります。


家族・患者不在の自己満足な医療者側優位の治療だったのではないかと・・・考えさせられました。



もし、母がこのような状況だったら、、、、




母が常々言っています。


「余計ことはしなくていい、死んだあとは献体をして、火葬が済んだら、海にでも散骨して欲しい」
というのが元気な頃からの口癖でした。


娘として、無意味な治療をして身体を傷つけたり、苦痛を与える治療は望みません・・・


実際のその状況になると正しい判断ができるかは微妙ですが。


そういう場面などを見るたびに母の立場に置き換えてしまいます。

なるべく日常生活でも考えないようにはしているし、医療系のドラマは見ないなど拒絶反応などが・・・それでも生死に関わる仕事をしていると中々思うようにはいきません。


母はデュロテップを貼付し、アンペック座薬でペインコントロール中です。

オキシコンチン・オプソは中止になってます。

食事もつまむ程度で、食べては吐くの繰り返しです。
まだ浮腫みなどはないですが確実に体重は減少しています。
1日1回くらい喫煙は続いています。

これが母の今日も大丈夫という生きてる証のようなものなので、逆に吸いにいけるうちは大丈夫と安心してしまいます。



1日でも長く生きていてほしい。
でも苦痛がないようにと願いたいものです。
本人にしてみれば生きること=苦痛かもしれませんが、母らしく弱音は吐かずに自分に出来ることを精一杯日々頑張っています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

大変でしたね・・・。医療従事者の中には、自分や家族の病気で悩んだことのある人と、そういう体験がほとんど無い人がいる気がします。そんなところも、患者さん本人や家族の気持ちに寄り添えない原因の一つなのでしょうか。また、医療訴訟の増加に伴って、過剰防衛のような医療も目につきますね。

お母様のこともさぞかしご心配だと思いますが、余り神経を使い過ぎないようにして、ご自愛ください。(´・ω・`)

【2006/10/01 13:06】URL | Crome #-[ 編集]

>Cromeさんへ

そうかもしれないですね・・・。
ただ私の場合は客観的ではなく、主観的になりすぎてしまうのでは?というリスクもあるので・・・一長一短なのかもしれませんが・・・バランスが難しいです(+_+)
色々ためになるコメントありがとうございます<m(__)m>
長期戦で頑張ります。今しか出来ないですからv-91

【2006/10/02 00:36】URL | ななこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawari112.blog32.fc2.com/tb.php/177-153d872e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。