Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の電池が切れるまで。

以前も書いたことがあるのですが、絶対いいのでもう1度書きたいと思います!

子ども病院をテーマにしたドラマがあったのですが、その中で前向きに病気と闘っていた女の子の詩をいくつか載せたいと思います。

 プラス思考

なにをそんなに いそぐのですか

なんでそんなにあせるのですか

少しの間 落ち着いて

まわりをぐるっと見てごらん

あなただけではないでしょう

あなただけでは ないんだよ

どの家も どの子も 皆大変で

それでも顔には表さず

一生懸命やっているんだよ

自分だけが大変だなんて

そんなエゴなことは考えないで

あなたよりも幸せな人がいれば

あなたよりもつらい思いをしている人もいる

今元気な人だって

つらい時があったんだから

上を見れば見るほど

悲しくなることもあるけれど

今生きていて笑うことができる

それだけでしあわせじゃない

なんで私だけが

なんて考えないで

人と比べて落ち込まないで

ゆっくり のんびり 気長に

つきあっていけばいいじゃない

ね プラス思考で 生きましょう



 

命はとても大切だ

人間が生きるための電池みたいだ

でも電池はいつか切れる

命もいつかはなくなる

電池はすぐにとりかえられるけど

命はそう簡単にはとりかえられない

何年も何年も

月日がたってやっと

神様から与えられるものだ

命がないと人間は生きられない

でも

「命なんかいらない。」

と言って

命をむだにする人もいる

まだたくさん命がつかえるのに

そんな人を見ると悲しくなる

命は休むことなく働いているのに

だから 私は命が疲れたと言うまで

せいいっぱい生きよう



とても小学5年生だった女の子が書いた詩とは思えないですよね。

残念ながら、この詩を書いた少女はもうこの世にはいませんが・・・最期まであきらめることなく、生きる希望を持ち続けていたそうです。

前者の詩はその少女と一緒に病気を闘っていた女の子の詩です。
彼女は病気を乗り越え、元気にお仕事をしているようです。


辛いことや嫌なことがあると逃げたくなったり、愚痴ったり・・・そんな自分が恥ずかしくなります。

この詩を書いた女の子たちは、逃げることなく、あきらめずに病気と闘っていたというのに・・・


また集団自殺がありました

なんで死ぬことで解決しようとしてしまうのでしょうか!!

死ぬことしか他に方法はないのでしょうか!!

どんなに辛くても、生きなくてはいけない!

生きたくても生きられない人もいるのに・・・


1日1日の積み重ねが、1ヶ月・・1年になるのだから、まずは1日を頑張って生きること!!(塵も積もれば山となる!)

充電と放電を繰り返しながらも、私の電池もいつかは切れると思いますが、その時が来るまで・・・





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawari112.blog32.fc2.com/tb.php/49-84a7b891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。