Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新年早々・・

今年から早くも波乱の予感が!!(>_<)

母が救急車のお世話になりました・・・。

がんで余命宣告されて、早4カ月・・・外来フォロー中でしたが、血尿が出て・・・その後、まったく尿が出なくなり・・・病院に行く羽目に・・・

外来は自宅近くの病院に通院していましたが、以前から何かあってもこの病院だと診れないので、手術をした病院に行くように言われて紹介状をもらっていたんですが、お正月中に状態が変わってしまい・・・救急車の方に事情を話して、手術をした病院に運んでもらえるように頼んだのですが、対応できる医師がいないとの理由で、外来で診てもらっている病院へ行きました。

行くと外来は外科ドクターが対応してくれたようで、尿道カテーテル(以下バルンと略す)を入れて、止血剤の点滴をしてくれ・・・尿も1500ml出て、血尿も徐々にうすくなりました。

私は夜中に父から連絡をもらいましたが、すぐは行けずに・・・夕方くらいに到着して、父と病院に向かいました。

ちなみに父は病院に行くのは、3回目(1日に)だったそうです。

思ったより病状は落ち着いており、1時間くらい話して、頼まれたものを買いに一旦病院を出ました。

お店を目前にした所で病院から、先生が来て話があるので至急戻ってくださいとナースより連絡ありました。

急いで行くと・・・

泌尿器科のドクターが待っていて、診察室に父と私だけ案内されました。

ドクター「外来で見てる先生からお話は聞いています。のっぴきならない状態です。○○さんのような重症な患者さんはここでは診れません。私は明日60人の外来の患者さんを診なくてはならないのです。とても一人では外来と手術もしたりするし、この状況では状態が悪くなっても間に合わないので責任とれません。紹介状を書くので明日にでも手術をした病院に行って下さい。」

(一方的に転院の説明だけされ、詳しい病状については全く触れずに、ドクターの大変さだけ切々と聞かされました何だこの人は!?呆れるしか出来ませんでした)

ドクターの血相を変えた表情や態度から・・・何でここに来たのか、さも迷惑そうなオーラが出ていました。(顔に出すぎ!!)

年始でちょうど休みだったために、応急処置をしてもらっただけなのに・・・しかもそのドクターには何も迷惑かけてないのに

翌日、早速転院させられました。切なかったです。

患者が病院を選べる時代と言っても、現実は思うようにはいきません。その地域に住んでる以上はまたお世話になる可能性があります。なまじか大学病院で手術をしたので・・・。(むかつくドクターにもその主旨のことを言われました。)

結構、大学病院は勝手なもの(白黒はっきり)で!?平気で術後間もない人で不安がある人も教授の一声で退院させなければならないし、救急は断るし(断られました)、手術のために入院してる患者さんでも透析は元の所でやらせたりするし・・・まあ大学病院でもピンキリなんでしょうが。


今は外来フォロー中ですが、その後もおしっこが出なくなって、救急車のお世話になり、結局バルンカテーテルを入れて自宅にいる状態です。

膀胱を全摘出するか、おしっこの通り道を作るか・・・肺に転移もしてる状態で・・手術も難しいみたいだし・・抗がん剤も焼け石に水か、火に油を注ぐ状態で返って死期を早めることにもなりかねないし・・・

一体どうなることやら・・・本人が1番不安だろうなぁ。

アドバイスくらいしか出来ない・・・役に立たないと親には言われるし

(娘は辛いよ。ナースというだけで期待をされても困ります

人気blogランキングへ


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

つらいですね

なまじ裏(?)を知っていると、悪い部分がよくわかりますね。しかも自分の親が大変なときにそんな風な所だと・・・。
せめて良い病院に入院したいですよね。
できるだけ一緒にいてあげてくださいね。

【2006/03/01 23:21】URL | fluke #-[ 編集]

そうなんですよ・・・。でも逆の立場になると客観的に見れなくなって駄目ダメです!?ありがとうございます。これも宿命と思って頑張ります!

【2006/03/02 21:30】URL | ななこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawari112.blog32.fc2.com/tb.php/52-4249eab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。