Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白くまピース

よくいいなぁ~と思うものをビデオ録画しておくのですが、中々見れずに・・・

今日から2連休で、遂に「白くまピース」を見ました!

愛媛の動物園で生まれた北極熊のピース。母親が育児放棄!?したので、飼育員のTさんが人工保育で育てました。(日本初で最長だそうです

白くまと人間の交流・・今までの足跡を6年にわたってNHKが取材してまとめたものが年末に放送されました。

飼育員とその家族に愛されながら育ったピース。それ故に、苦労することも・・・

今は6歳(人間でいう20歳)になりました。

戦争中にたくさんの動物が殺されたのを忘れないで欲しいという願いを
込めて「ピース」と飼育員のTさんが名付けたそうです

赤ちゃんの時は、飼育員のTさんが家に連れて帰り、Tさんの奥さんをはじめ、子供達もお世話をしました。
(生後32日になって抵抗力がついてから、家族はお世話をしたそうです)

ピースがすくすく育つには色んな試行錯誤を繰り返しながら(そういう事例が少ないし、並大抵の苦労では・・)、ピースに何が合っているか、何を求めているか日々考えに考えた育て方をしたそうです。

でも・・・

いつまでも人間と一緒に生活は出来ません(>_<)

体も大きくなるし、ミルクだけでは成長は出来なくなります。何と言っても肉食獣です。

家族と別れ、動物園の檻の中で生活がはじまりました
(ピースは泣くし、Tさんもとても辛かったはずです)

ミルクから普通のえさへ移行したり、泳ぎを教えたり、他の白くまと生活出来るように訓練したり・・・と色んな試練が

えさに変えてから、便に出血があるのを見つけると、すぐに原因を発見し、迅速に対応したりと・・・ピースのことを考え、観察してるからこそ分かるのだと思いました。

他の白くまと生活をさせることが出来れば、結婚も出来るため、生活を試みました。

相手は自分の母親!!

でも人間とは違い、仲良く生活は出来ません。

やはり人間と生活をすると・・・母くまに育てられたくまとは何か違ってきてしまうのでしょうか!?

そのことがピースにとってはストレスだったのか・・・けいれんを起こすようになります・・・。

お薬を飲み、少しずつ発作も少なくなり、落ち着いたと思った矢先・・Tさんが4連休をとったその最終日に再発が

すぐにその知らせを聞き、Tさんはかけつけました。


Tさんに会えないのが大きなストレスになったようです!!

(良くも悪くもピースにとってTさんの存在は大きいのですね・・)

その時言ったTさんの言葉が印象的でした。

「発作というものがなければ、もう逆に私の存在を消していかなければいけませんが、いっぺんには無理ですが・・私がいることで発作が抑えられるのであればですね・・・と思うと出来る限り、声を掛けて、傍にいてやりたいとなりますし、まあ副作用のない薬でありたいという感じです」

(副作用のない薬かぁ・・・私は副作用の強い薬だろうなぁ

「人間が見てこの北極くま、ピースが幸せだと感じるのが私の理想ではないんです。ピース自身が幸せに感じているかどうかが問題。飼育係としての自己満足になってはいけない。何をすべきか、何を考えるべきか・・・分かっている事は人から見ての幸せではなく、その動物がどう感じるかが1番の重要なことだと思うので、その部分と大切にしていきたい」

これからも1日1日を共に支え、共に生きていくピースとTさん・・・


人間だからこそ物を考え、善悪もあり、行動できる。

自分より弱いものを守る力も責任もある。

それなのに・・・

自分より弱いものを殺したり、インターネットで肉親の殺人依頼をしたり、現金強奪事件・・・くだらない生き方というか、ひどい人が多すぎる!?

“楽して得たものは 苦労して返さねばならない時が必ず来る” 

じゃないですが、人に言えないことをすると自分も苦しむし、秘密なんてないほうが生き易いと思うのですが

体の健康も大事ですが!

それ以上に心の健康も大事です。

自分だけでなく、相手のことも思いやる気持ちと心の余裕が日々大切な気がします。


私の元気の源
  ↓
20060203134605.jpg


おふとんで寝ています!?

ただそこにいてくれるだけで癒される大事な相棒です

いつまでもいつまでもそばに居て欲しいけど・・・

予測不能の期限付き!?私も、ワンちゃんも・・・それでも精一杯生きないと!ですよね。

人気blogランキングへ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://himawari112.blog32.fc2.com/tb.php/56-75a6c194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。